離乳食 納豆

離乳食と納豆

独特の匂いやねばつきが苦手だという方も多い納豆ですが、
昔から栄養価の高い食品として知られています。

 

そもそも大豆というのは、「畑のお肉」と呼ばれるほど
栄養価の高い食べ物なのです。

 

栄養価が非常に高く体にも良い納豆は、離乳食の食材としては
かなり最適な食材というわけです。

 

納豆を使用する場合には、離乳食の中期以降から
基本的に使用するようにして下さい。

 

納豆にはたんぱく質やエネルギーが豊富に含まれているので、
赤ちゃんの離乳食としてだけでなく産後のお母さんの
栄養としても摂取して頂きたい食品です。

 

納豆と聞くと食べづらいだとか、調理の方法に
不安を抱く方も多いのではないでしょうか。

 

料理本やインターネットの料理サイトなどにも、
納豆を使用した離乳食レシピが多数掲載されています。

 

納豆の中にも様々な種類があるので離乳食の使用する場合には、
細かく砕いてあるひき割り納豆を使用すると良いでしょう。

 

ひき割り納豆はそのまま使用せずにお湯にさっとくぐらすか、
熱湯を回しかけるようにしてから使用するようにして下さい。

 

納豆を離乳食として使用する場合には、
そのままで食べることは好ましくありません。

 

それと普通の納豆を使用する場合には、
大豆を細かく砕いてから使用するようにして下さい。

 

使用方法としては、ごはん・おかゆ・うどん・マカロニなどの上から
シンプルにかけるだけでも美味しく頂くことが出来ます。

 

赤ちゃんの栄養の為にも、ぜひ離乳食に納豆を取り入れてみて下さい。