離乳食 食べさせてはいけないもの

離乳食で食べさせてはいけないもの

離乳食は、栄養バランスのことも考えて様々な
食材を与えると良いとされていますが、
何でも与えてよいというものではありません。

 

離乳食では、絶対に食べさせてはいけないものがあります。

 

1歳未満であれば、例え加熱をしたとしても
黒砂糖や蜂蜜は絶対に与えてはいけないとされています。

 

それは黒砂糖や蜂蜜の中にボツリヌス菌が存在し、
加熱処理をしてもボツリヌス菌を除去することが
出来ない可能性があるためです。

 

他にもそばなどは、ほかの食品に比べ強いアレルギー反応が
結構出る可能性があるので、1歳未満の子供には与えないようにしましょう。

 

離乳食の中期〜後期までは与えないほうがよいものとして、
卵白などもあげられます。

 

他にもバナナを1歳まで与えてはいけないといったような
育児書もあります。離乳食で与えてはいけないものは

 

各自治体や育児書などによっても異なり、
昔と現在でも随分と異なるようです。

 

離乳食の初期・中期・後期などによっても、時期が早いなどの理由から
与えないほうが良い食材などもあります。

 

魚介類・卵白・全卵・ナッツ類なども、
早い時期から与えることは、よくありません。

 

それに糖分の高いものや味の濃いものなども、
離乳食の時期には与えるべきではありません。

 

一般的にダメと言われているものは与えないようにし、
後は子供の状態を確認しながら与えるようにしましょう。

 

「この食材はどうだろう?」と与えることに
不安になるような食材であれば、与えないほうが
無難ではないでしょうか。

 

大きくなれば何でも食べることが出来るのですから、
離乳食の間は不安の無い安心出来る食材を与えるようにしましょう。