離乳食 開始時期

離乳食の開始時期

離乳食の開始時期というのは、一体いつ頃なのでしょうか。
一般的に育児本などでは、離乳食の開始時期は
生後5ヶ月ごろからとされています。

 

ですがこの生後5ヶ月頃というのはひとつの目安であって、
必ずしも5ヶ月になったからといって

 

すぐに始めなければならないというわけではありません。

 

離乳食の開始時期になってくるとわかりますが、
この頃の赤ちゃんの様子をよく観察してみると
食に対して反応を示すようになってきます。

 

例えば、大人が食事をしているとよだれを垂らしたり、
食べ物を見ると欲しがるようになるといったようなことです。

 

赤ちゃんのおかゆなどを上げてみてぺっと吐き出すようであれば、
たとえ生後5ヶ月を過ぎていたとしてもまだ時期が早いと考えるべきでしょう。

 

ですから、離乳食の開始時期というのは赤ちゃん自身が教えてくれるので、
よく赤ちゃんの様子を見るということが大切です。

 

ですが、赤ちゃんの体格が大きいからといって
生後4ヶ月頃から離乳食を始める方もいらっしゃるようです。

 

早すぎる離乳食の開始というのは、あまりよいものではありません。

 

生後4ヶ月の赤ちゃんというのは内蔵機能がそれほど発達していませんので、
早すぎる離乳食というのは胃にも負担をかけてしまうことになってしまいます。
その他にも、おかゆが嫌いな赤ちゃんも中にはいるようです。

 

生後5ヶ月を過ぎても全くおかゆを食べないということであれば、
別のおいものすりつぶしやスープなどを与えてみて下さい。

 

離乳食の開始時期というのは、赤ちゃんによって
バラバラということを頭にいれておくべきです。

 

ゆっくりと赤ちゃんのペースに合わせて、
離乳食の開始時期を決めるようにしましょう。