離乳食

離乳食とは?

離乳食とは?


離乳食とは、今までミルクや母乳中心だった赤ちゃんが、
固形食へと移行することを手助けする食事のことを言います。

離乳食初期の赤ちゃんというのは、
やっと歯が生え始めたばかりの頃になります。

全ての歯が生え揃っているわけはなく、
上手に噛むことも出来ません。

ですから、柔らかいものから硬いものへと
順番に移行していかなければなりません。

様々な食材から栄養を摂ることが出来るように、
段階を踏んでその子のペースで進めてあげるようにしましょう。

離乳食というのは、月齢に合わせて標準的な進め方というものがあります。
何もそれに合わせて進める必要はなく、ひとつの目安として考えてみて下さい。

離乳食の初期の頃は、まだ栄養のほとんどをミルクや
母乳から摂取することになります。

ですが7ヶ月頃になると、栄養のことも考えながら
離乳食を与えなければなりません。

炭水化物・たんぱく質・ミネラルといった食品3群を、
バランスよく与えるようにしましょう。

毎日毎日、栄養バランスの整った完璧な離乳食を作るということは無理ですから、
2〜3日でトータルでバランスを考えて与えるようにしても構いません。
離乳食で気をつけなくてはならないことは、味付けです。

大人が食べる食事よりも控えめにし、油なども極力控えるようにしましょう。

離乳食というのは、全ての赤ちゃんが思い通りに
何でも食べてくれるというわけではありません。

思った以上に食べなかったり、食べすぎではと思うことも多々あります。
成長や発達の状況に応じて、離乳食の量を調節するということも大切なことです。